シリコンバレー留学生が綴る人生日記。

シリコンバレー留学中大学生が綴る人生日記。

シリコンバレーへ行きたいと思っている学生に少しでも有益な情報を届けられたらと思っています。

私がシリコンバレーへ留学する理由 vol.2

こんにちは。

今回は「私がシリコンバレーへ行く理由vol.2」を綴らせていただきたいと思います。

私がシリコンバレーで得たいこと

私がシリコンバレーで得たいことは大きく分けて3つあります。

1.海外ならではの経験

「経験」といったら一口で終わってしまうのですが、海外ならではの経験を向こうでしていきたいと考えています。
海外といっても、シリコンバレーでできるものに限って狙っていきたいと思います。

例えば、サンフランシスコやサンノゼで盛んに行われているミートアップへの参加であったり、向こうのベンチャー企業へのインターンであったり、気になる企業の見学であったり、スタンフォードやバークレーの学生と話してみるシリコンバレーの経営者と会って英語で話してみるなどのことをしていきたいです。

この一年間の時間やかける費用を踏まえた上で、それ以上の価値があるものにしていかなければならないと強く感じているからです。

僕のお世話になっている先輩が、

「一つのことに対してかけるお金と時間を計算した上で、将来的にその経験がかけた時間とお金以上の資産になっていくのかを見極めて決断することが重要」と

おっしゃっていました。

上記のことに非常に共感を覚えたため、いい意味で欲張って経験値を獲得していきたいと考えています。

そのため、これからする経験一つをとっても優先順位を付け、その決断が自分の将来的な経験や資産にプラスに働くのか、マイナスになるのかを吟味した上で行動していきたいと考えています。

2.英語で会議を回す力

前々から英語力の必要性は感じていました。

特に、以前vol.1で書いたオーストラリア留学の出来事は、英語力や異文化に触れることの重要性を痛感した経験でした。

最近様々なイベントに参加する機会が多くなっていったため、たくさんの人に会う機会も増えてきました。

その中でも、時々外国人の方がいらっしゃったり、英語でしか参加できない、英語を使ったパネスディスカッションがあります。

その度に「英語力があったら、もっと深く内容を理解できるしそれを使ったコミュニケーションをしてさらに多くの人とお話できるな」と感じていました。

しかし、その『もし』を現実にできたら、、、

内容が深く理解できるし、多くの人とお話することができます。

ただ、英語力が少しあるだけではこれから先、自動翻訳であったり

英語教育の強化が流行している中であると、埋もれてしまう気がしています。

そのため、この一年を使って「ビジネス会議をも回せる英語力を培おう」

と思っています。

ビジネス英会話のような実践的な英会話ができると、世界に思いを発信できるということから、自分の意見を通すことができます。

そのため、チャンスに飛び込める幅が広がると思っています。

また、日本の市場だけに焦点を当てたとしても、英語ができる人材というのは非常に重宝されている認識があります。

今後は日本市場が飽和し、世界に出ていくことを予想した上でも英語力が高ければ高いほどいいと思っています。

3.人との関わり

向こうに在住する方々と関係を築くことによって、自分がアクセスできる世界が増えると思っています。
なぜなら、今取れない動向であったり情報というものを身近にすることができるからです。

今は見えない世界であっても、自分が飛び込んで直接触れ、友人を現地に作ることで

それが一次情報になると考えているからです。

毎日ニュースが流れています。

たくさんの人たちが亡くなってしまっていたり様々な事件がおこっています。

しかし、それを感じにくい瞬間が多いです。

それはなぜかというと自分が当事者ではないからだと思っています。

そのニュースが、もし自分たちの身近におこったりしてしまったら、もう立ち直れないんじゃないかくらい思うのですが、

だからこそ、当事者になることによってその情報を全て自分事として世界に接していきたいです。

また、向こうの人たちや向こうにいる日本人の方々と価値観を共有することによって

自分の視野が格段に広がると感じています。

先日、未来起業家交流会のインタビュー活動のフィードバックをいただいたのですが、
社会人と学生の視座って歴然とした差があって、まだまだ自分の視野って狭いなと感じました。

だからこそ、今のうちから見られるだけ社会を見て学び、それと同時に学生中にできないこととかを行い、自己研鑽をします。

それとほぼ同義であって、視座が低いからこそ、そういった知識人の方々とお会いし、お話することによって自分の経験として身につけていきたいと思っています。

結局はどれだけ動いて、それだけ情報や価値観を取り入れられるのか、どれだけ知れるのか、それらが人生をよりよくするものなのではないかなと思っています。

以上のことから、僕は行ってからというもの、自分が得たいことに貪欲に行きたいと思っています。

[ついーと]
あと6日で渡米になってしまいました。。

寂しい病にかかっています。

私がシリコンバレーへ留学する理由 vol.1

こんにちは。

突然?ですが私、5月中旬から一年間シリコンバレーへ一年間留学へ行って参ります。

 

それの理由を、テーマ毎これから三回(もしかしたら追加するかもしれません)に分けて

いきたいと思います。

 

私がシリコンバレーへ行く理由

大学を休学して行くことになるため、本来の卒業年度から一年遅れることになります。一年間社会人になるのが遅れ、同期はもう働いているという時間的ディスアドバンテージを追います。

また、日本にいないため、友人たちにも会えなかったり

日本ならではのできることができなくなります。

 

また、当たり前ですが一年間という時間、一年間の滞在費諸々かかってくるということになります。

つまり、失うものが多いです。

 

ではなぜ私がこれらを失ってまで行くことを決断したのか。

それを今から説明いきたいと思います。

1.世界観を広げたいから

日本の中の東京にいて、大学生になり、様々な経験をし、
毎年毎日世界観は徐々に変わっていきましたし、大きくなっていきました。

 

しかし、自分の中で「まだまだこれじゃ何か足りない。」

「知らない世界を出来る限り今のうちに知っておきたい」と思い始めました。

そのため、この一年間をどのようにしていきたいのかを12月頃に考え始めました。

・海外の大学に編入する

・海外の大学院へ行く

・就職する

・起業する

・海外インターンいく

・海外のプログラム行く

・休学する

・理転して日本の大学院行く

...などなど、何十個か今後一年の動きを考えました。


学生時代の経験が大事になるなと思い、一年間をいろいろ考えましたが、一人では答えがでませんでした。
 

その悩みを普段からお世話になっている先輩に相談したところ

「シリコンバレー行ってみたら?」とのこと。

 シリコンバレーという言葉は友人や様々なニュースや会話で聞いていましたが、

世界が遠いなと、その時思いました。

「今の自分が行ってなんか得られるものあるのかなー。」

「英語圏怖いでござる。。」

など、不安が浮かんできました。
が!コンマ数秒で、

「ん?ありだな。。」


と思いました。笑 

シリコンバレーという言葉を知っているし気になっているし、

将来は事業を興したいという気持ちがあるため、21歳の今から向こうの世界を見ていきたいという気持ちが強くなりました。

 

特に向こうは起業文化が盛んであり、一年間の調達額は日本の約55倍...。


今できることはほとんどないかもしれないけど、
今のうちに見たのものが、将来必ず役に立つと思ったことから決断をしました。

向こうを見ることによって、目指すべき世界がいかなるものなのか、目標との乖離ってどんなもんなんだっけ?というのを肌に触れ、感じていきたいと考えています。

2.長時間異文化に触れること

日本の文化には21年間触れてきたつもりです。
異なる視点から日本をみたいという思いが強くなってきたため、学生中にもっと海外経験を増やたいと思い始めました。

しかしながら、昔から海外には恐怖を抱いていました。

なぜなら、テレビで

「強盗事件だー!」

「テロだー!」

「銃だー!」

とはなんやら、物騒なニュースがやっていたからです。そのため、ずーっと

『海外こわっっっ!!絶対行かない!!』

って思っていました。

事実、高校一年生の春に家族でワシントンD.Cとニューヨークへ行ったのですが

ビビりすぎて下を向いて歩いた7日間でした(笑)

『うっわー俺今日絶対死ぬんだ。。』っていう絶望感で歩いていたのにも関わらず、普通に無事に帰ってきました←よかった。。

決定的瞬間は、下を向いて歩いていた時にマンホールの側に銃弾が落ちていたことですね。これはもう、さらに上記の思いを加速させていました。

そんなビビりながらも、しっかりとiPodtouchの写真フォルダに銃弾を納めるっていう勇気まではあったそうで。笑

であったり、高校二年生の修学旅行ではカナダに行ったのですが、
これもまた、「海外かあー」という感じで、ご飯も合わず、言葉もわからず海外的にはいまいちだったことを覚えています(笑)
なので海外は、大きくよかった!っていう出来事や、もう一回行ってみたい!

という気持ちは一切なかったんですよね。

 

ではなぜ、海外経験を増やそうと思ったのか。

きっかけは、去年の10月に、1ヶ月だけオーストラリアへ語学留学へ行ったことです。
この時の目的は、「英語力を伸ばすこと」でした。

(定量的にはTOEICを200点以上伸ばすこと。友人が一ヶ月で200点あげていたので。)

就職活動をしている時期でしたので、英語のスキルが欲しいなと思ったことが大きなきっかけで、友人たちも次いで留学しているため、やってみたいという気持ちがあったんですね。

しかし、国を決めるときに「あ!そーいえば海外だぁ〜。」となりました。

留学って言ってるのに海外じゃないって逆になに

って感じですね(笑)

留学に行くことは決定したのに、国で迷ったので検索に検索をかけ、

『留学生を守る法律』が唯一存在している、オーストラリアへの留学を決めたのです。

この決断が、これからの人生に残るいい経験の一つであったなと。

オーストラリアへ留学し、海外へ一人で行くことの面白さであったり、

向こうの文化であったり、外国人の友人ができること、他言語でコミュニケーションを図るということを身をもって経験できました。

なおかつ、TOEICのスコアは300点向上し、何事も得てきた一ヶ月だったと思っています。


海外こええー!
とか初めは思っていましたが、留学に慣れるにつれて、

「意外と安全かも」「英語ってこんなに楽しいのか!」「外国人の人たちもすごく優しい」などなどを直に触れることができました。

 

帰国してから、海外の院に行きたいとか、海外の大学に編入してみたい!

という思いが強くなったのは、これらの原体験からきています。

行ってみてそのような選択肢を見るようになったため、一ヶ月行って本当によかったなと思っています。

シリコンバレー留学を選択したのも、オーストラリア留学がなければ確実に成立していないので異なる視点を手に入れることは重要だなと痛感しています。

3.世界との距離感を肌で感じること

将来事業を興したいという思いはあり、毎日ニュースをみています。

その中で、「世の中の大人はすごいなー」「新しいサービスを開発する視点ってどこから来るんだろ、発送の源泉ってなんだろ」とか思うんですよね。

自分も日常でサービスになり得るものを考えたりはしていますが、発想の運動だけで終わってしまいます。

形にはならないんですよね。

 

なので、考えて、ものすごいスピードで進んで行っている向こうの起業家にあって

話を聞いてみたかったり、向こうの環境でインターンをすることによって体に文化を浸透させたいと考えています。

今の自分に足りないものを再確認し、精神的にボコされに行きたいと思っています。


肌で感じたものを将来活かしたいなと。

結局ここに集約される気がします。 

まとめ

理由は他にもたくさんありますが、今回は大きな理由三つをあげました。

せっかくシリコンバレーへ行くので、

少しでも有益な情報をお届けできればと思っています。

 

渡米まで、あと11日!!!

荷物詰めしないと。。

 

念願叶いました!! 僕が人生で初めて名刺を手に入れた瞬間。

おはようございます。

 

僕には長い間(言っても2年くらいですが)

密かに欲しかったものがあります。

 それは、、、

名刺です!!

f:id:m-fumifumi:20170621132010j:plain

今まで、様々な活動をしていたり、交流会などで人と話す機会があり、

その度に人から名刺を渡されていました。

しかし、自分から渡せる名刺はなく、でも覚えてもらいたいので、

一生懸命『三浦です!』と自己紹介をしていました。

 

しかし残念ながら、自分のアピール力が足りないのか覚えていただけないことや

実際にどんな活動をしているのかがイメージされにくいことが多くありました。

 

そのため、
「名刺欲しいなー。」

とは思っていました。
しかし、自分が一生懸命やっていきたい活動で名刺が欲しいな。
と思っていたので、名刺を作れる機会はあっても作ろう!とはならなかったんです。 

しかし未来起業家交流会をやっていくにあたってこれを全力でやっていきたいと思うようになってきたため、メンバー全員で名刺を作ることにしました。

これです!!

f:id:m-fumifumi:20170504065059j:plain

(僕はこれから一年間アメリカへ行くので一人だけ英語です。笑)

メンバーの簑田ちゃんが作ってくれました。

イラレのみで作成してあるのですが、相変わらずセンスがありますね。。

しかもこれ紙の質がツルツル?ザラザラしていて気持ちいいんです。

あと、きらきら光る上質な紙で、届いた時は興奮していました。笑

(興奮しすぎて友達に渡していたら100枚あったものが一気に少なくなりました。。

配り方から学ぶことにします。)

 

これを交流会やこれから行くアメリカで配りまくりたいと思います!

頑張っていくぞー!!

f:id:m-fumifumi:20170501090520j:plain 

未来起業家交流会一周年パーティー開催しました!!

こんにちは。
先日、運営として携わっている「未来起業家交流会」の一周年パーティーが終わりました。
運営のみんな、当日手伝ってくれた方々お疲れ様!そしてとってもありがとう。
このブログを通して、少しでも当日の内容を共有できればと思い、綴ります。

そもそも"未来起業家交流会"って?

f:id:m-fumifumi:20170621130407p:plain
未来起業家交流会って、そもそも何?という話です。この団体は
「次世代を担う優秀な若者が集まるコミュニティーを構築する」という理念で活動しています。

世界を変えた偉人たちは若いうちに会い、共に世界を変えていきます。
Appleのジョブズとウォズニアックは学生時代のインターン先で出会い、世界を変えました。
Microsoftのビルゲイツとポールアレンは中高の友人です。
ワンピースのルフィも17歳で仲間と出会い、今海賊時代を変えつつあります。

このように、若いうちの出会いこそが大事と考えます。
なぜなら、若い方が過去が少ない分信頼が築きやすく、将来への時間が長いためその話に花を咲かせることができるからです。そう、単純にワクワクするからです。

そのような仲間がどんどん集まる場所になっていき、将来的にはこの中から世界を変える、何か世の中の人に衝撃を与えられるような人たちに少しでも貢献できたら。
そのような思いがあります。

未来起業家交流会とは?

一周年パーティー開催しました!!

というわけで、パーティーの報告に移ります。
今まで1年、20回以上の交流会開催、200名以上の方々が参加してくださいました。
その一周年を記念し、大人数を集めてパーティーをやろう!というのがこのイベントの発端です。
未来起業家交流会1周年パーティー

1.代表挨拶

乾杯してから、共同代表の三井から挨拶がありました。
テーマは、「なぜ、未来起業家交流会をやっているのか」です。

彼は
「生まれてきたからには歴史に残る人間になりたい」
世の中の常識はいつの時代も覆されてきた。アインシュタインの発明、ジョブズのiPhoneなど、様々なものが世の中を変えている。僕は新しい常識を死ぬまでに作りたい
「構想はある。しかし仲間がいない。だからこそ、仲間の重要さに気づいたし、そのような環境を本気で創っていきたい。」と言っていました。
ちょうど二年前、一緒にビジコン出た時よりずっと貫禄が出ていてかっこよかったです。

f:id:m-fumifumi:20170428135125j:plain

2.有志参加者によるピッチ開始!!

10名の有志参加者によるピッチが行われました。
現在自分が取り組んでいることを100人の前でピッチし、思いを伝えます。
実際に起業している、資金調達済み、今から団体を立ち上げようとしている、など

ほとんどの方が大学生なのですが、志だけでなく、行動力も持ち合わせており、非常に感銘を受けた時間でした。 

f:id:m-fumifumi:20170428135938j:plain
"大学4年生。現在食に関するサービスやイベントを行いながら、
春から食に関わるベンチャー企業へ就職予定。"

f:id:m-fumifumi:20170428140120j:plain "大学4年生。現在は学生団体やサークルに対してマッチングサービスを提供している。
資金調達を検討中。"

f:id:m-fumifumi:20170428140208j:plain "運営も手伝ってくれた西片くん。彼は料理歴10年以上あるベテランで、現在は法人相手にケータリングを行ったり、自身を先生とする料理教室などを行い、料理を届けた人数は過去二年で400人に及ぶ。今後1年はずっと目標にしていたカフェ運営を行う予定。"
彼が運営をしている[志食堂] 

f:id:m-fumifumi:20170428140352j:plain f:id:m-fumifumi:20170428140406j:plain

また、今回会場には100名以上がいたにもかかわらず、一人で全員に料理を振舞ってくれたのも彼でした。5時間でこれだけの量を作る彼の技術には脱帽です。。

3.交流会開始!!

およそ100人が集まったこの会場。
面白い方々がたくさんいました。僕も交流会は楽しませていただき、様々な人とお話しました。

中でも面白かったことは、僕の友人同士が意気投合し、何か一緒にやろう!
という話をしていたことです。人との出会いは人生を変えていくものだなあー
とつくづく思います。

また、個人的には「ホワイトボード企画」というのを交流会中に実施しておりました。
ホワイトボードに自身の野望や夢を書いていただくという企画です。
当日思いついたにもかかわらず、みなさん笑顔で対応してくださり助かりました。

f:id:m-fumifumi:20170428140803j:plain f:id:m-fumifumi:20170428140811j:plain

f:id:m-fumifumi:20170428140817j:plain

f:id:m-fumifumi:20170428140832j:plain          f:id:m-fumifumi:20170428140843j:plain
大学1年生から社会人の方、そして起業家の方までご協力してくださって光栄です!!
ありがとうございました。
また、交流会全体の雰囲気はとても良いもので、みなさん盛り上がっていました。 

f:id:m-fumifumi:20170428141301j:plain

f:id:m-fumifumi:20170428141309j:plain

f:id:m-fumifumi:20170428141320j:plain

f:id:m-fumifumi:20170428141333j:plain

4.未来起業家交流会展望

最後の挨拶として、未熟ながらみなさんの前で10分ほど「未来起業家交流会」の今後の1年について発表させていただきました。

今後1年の動きとしては、ロゴにある通り「タテ、ヨコ、シタの関係を作る」ことに注力したいと考えています。
そのための取り組みとして、
・起業家さんへのインタビュー
・起業家による講演会
・メディアの構築
・未来起業家交流会@大阪
・未来起業家交流会@シリコンバレー

などを行おうと考えています。

f:id:m-fumifumi:20170428141440j:plain 
プレゼンはなかなか緊張しましたが、皆さんの空気が和やかであったおかげで、
予想以下に緊張感がなく、楽しく行うことができました。
みなさんのおかげで、いい経験をすることができました。ありがとうございました。

まとめ

今回は自分にとっては大規模なイベントで、イベント準備にかなり時間を要した気がしています。しかし、このような準備があったからこそ、当日スッキリと終わり、終わった後の満足があったのだと思っています。

また、参加した方々から、「楽しかった、また来たいです」「こういう場がもっとあればいいのにね〜」など、様々な声が直接その場で聞けたことはとても嬉しいお言葉で、実際に自分の原動力でもあります。

 最後に、当日手伝ってくれた方々、当日誰も知り合いいないのに関わらずカメラマンとして来てくれた成田さん、参加してくださったみなさま。司会のお二人。
本当にお疲れ様でした!

みなさんのおかげでイベントが成り立ちました。本当に感謝でいっぱいです。

 f:id:m-fumifumi:20170428141801j:plain

f:id:m-fumifumi:20170428141813j:plain f:id:m-fumifumi:20170428141945j:plain

司会を務めてくれたなかむーと豊島さん。二人の掛け合いが最高でした。

f:id:m-fumifumi:20170428142049j:plain改めて、みなさま本当にありがとうございました。

これからもお声に応えられるよう、精進していきますので引き続きよろしくお願いいたします!!

未来起業家交流会についてはこちら→
[未来起業家交流会Facebookページ]
[未来起業家交流会Webページ]

映画「イエスマン」に学ぶ人生をもっとホクホクさせる4つの方法

こんにちは。
本日はNetflixを通じて「イエスマン」という映画を見ました。

 

後輩に薦められて見てみたのですが、とてもいい映画でしたね!
今からこの映画の良さを紹介していきたいと思います。

1.とりあえずきっかけに乗ってみる

f:id:m-fumifumi:20170428134235j:plain

初めはこれです。タイトルの通りなのですが、何に対してもとりあえず「イエス!!」と言い続けることです。
主人公は冴えない銀行マンで、昇進のタイミングを同期に抜かれる、離婚している、引きこもりで陰湿なため、しまいには親友にも見捨てられてしまいます。

 

しかし、ある瞬間に「イエスマン」という友人に出会います。
その友人の紹介で、「イエスマンセミナー」みたいなやつに行きます。笑
その行動が彼の人生を変えたのでした。

 

2.とりあえず「イエス!!」と答える

f:id:m-fumifumi:20170428134231j:plain

最初はそのセミナーを疑っていた主人公でしたが、とりあえず「イエス」を日常に取り入れることで
周りの環境、人間関係が徐々にいい方向へと変わっていきます。

 

例えば、
・ホームレスにお金をくれと言われたら「イエス」
・銀行でのお客さんに対して全ての融資を「イエス」
・友人に飲み代をおごってと言われたら構わず「イエス」
・へんなおばちゃんに頼み事をされてもとりあえず「イエス」
などなど。。

 

このように、誰の何の要求に対しても「イエス」と発することによって、新しい人、機会、モノに触れる機会が多くなっていきました。

 

3.とりあえずやってみる

f:id:m-fumifumi:20170428134238j:plain

全てに「イエス」を言い続けていた主人公は、行動力の塊になります。笑
その結果、少しでも興味のあるものに対して、「とりあえず取り組む」という姿勢になっていきました。

 

街の掲示板に貼ってある情報を元手に、
・韓国語スクール
・ボイトレ/ギターの練習
・ジョギングフォト
・いきなり頼まれたウェディングシャワーの幹事

など、興味あるものに対して片っ端から取り組んでいきました。
最初は不器用ですが、これが最終的に役立つのです。
人生何が起こるのかわかりませんね。。

4.とりあえず「イエス!!」と答え続けた先に...

f:id:m-fumifumi:20170428134241j:plain

主人公は「イエス」と言い続けました。
その結果、人生全体が好転し、恋の機会にも恵まれ、友人も増え、自殺志願者を救います(笑)
(自殺志願者を救うシーンはまさかのギター教室の経験が役にたつという...笑)

 

約120分の映画なのですが、はじめの30分と後半ではまるで俳優さんがまるごと変わってしまったのではないか!?
という激変ぶりでした。。

5.まとめ

「イエスマン」を見て感じたことは、とにかくやってみる。
ことかなと思いました。

 

この主人公のように、全てに対して100%イエスとは言わなくてもいいかもしれませんが(笑)
自分が直感的にやってみたい!これ挑戦してみたい!会ってみたい!行ってみたい!

など、生きていてそういう感覚があると思います。

僕も、普通に活動していてそう思います。
例えば最近では、500人くらいが参加する講演会のイベントに行ったのですが、その講演者と話せる機会がありませんでした。

 

チャンスがあれば話せたらいいな、くらいの覚悟だった僕は、そのまま帰り、話さずに終わりました。
少しでも話したい気持ちがあった僕は帰りながら、「失敗したな。」と思いました。

 

こういうところで、勇気を振り絞って控え室に挨拶に行けば、追い出される可能性もあるけれど、
もしかしたら会いたい人と会い、話したい人と話すことで、人生が加速するし、それができている人が現実、チャンスをつかみ大成しているような気がします。

 

実際追い出されても今後友人に話すネタとなるのでいい思い出ですよね。笑
と書きながら挨拶に行くことはメリットしかないなーなんて後悔。。

 

このように、チャンスと感ずる機会を信じ、それに突っ込んでいける一歩が重要なのだなと、この映画を見て強く思いました。

 

たった120分間の中で、チャンスに素直に従った結果に、いい人生があるよ!
というメッセージを受け取った気がします。
何か行動できずにモヤモヤしている人や、行動したいけどできにくい人、ただ単に映画で笑いたい人おすすめです!

f:id:m-fumifumi:20170427193712j:plain