シリコンバレー留学生が綴る人生日記。

シリコンバレー留学中大学生が綴る人生日記。

シリコンバレーへ行きたいと思っている学生に少しでも有益な情報を届けられたらと思っています。

私がシリコンバレーへ留学する理由 vol.2

【スポンサーリンク】

こんにちは。

今回は「私がシリコンバレーへ行く理由vol.2」を綴らせていただきたいと思います。

私がシリコンバレーで得たいこと

私がシリコンバレーで得たいことは大きく分けて3つあります。

1.海外ならではの経験

「経験」といったら一口で終わってしまうのですが、海外ならではの経験を向こうでしていきたいと考えています。
海外といっても、シリコンバレーでできるものに限って狙っていきたいと思います。

例えば、サンフランシスコやサンノゼで盛んに行われているミートアップへの参加であったり、向こうのベンチャー企業へのインターンであったり、気になる企業の見学であったり、スタンフォードやバークレーの学生と話してみるシリコンバレーの経営者と会って英語で話してみるなどのことをしていきたいです。

この一年間の時間やかける費用を踏まえた上で、それ以上の価値があるものにしていかなければならないと強く感じているからです。

僕のお世話になっている先輩が、

「一つのことに対してかけるお金と時間を計算した上で、将来的にその経験がかけた時間とお金以上の資産になっていくのかを見極めて決断することが重要」と

おっしゃっていました。

上記のことに非常に共感を覚えたため、いい意味で欲張って経験値を獲得していきたいと考えています。

そのため、これからする経験一つをとっても優先順位を付け、その決断が自分の将来的な経験や資産にプラスに働くのか、マイナスになるのかを吟味した上で行動していきたいと考えています。

2.英語で会議を回す力

前々から英語力の必要性は感じていました。

特に、以前vol.1で書いたオーストラリア留学の出来事は、英語力や異文化に触れることの重要性を痛感した経験でした。

最近様々なイベントに参加する機会が多くなっていったため、たくさんの人に会う機会も増えてきました。

その中でも、時々外国人の方がいらっしゃったり、英語でしか参加できない、英語を使ったパネスディスカッションがあります。

その度に「英語力があったら、もっと深く内容を理解できるしそれを使ったコミュニケーションをしてさらに多くの人とお話できるな」と感じていました。

しかし、その『もし』を現実にできたら、、、

内容が深く理解できるし、多くの人とお話することができます。

ただ、英語力が少しあるだけではこれから先、自動翻訳であったり

英語教育の強化が流行している中であると、埋もれてしまう気がしています。

そのため、この一年を使って「ビジネス会議をも回せる英語力を培おう」

と思っています。

ビジネス英会話のような実践的な英会話ができると、世界に思いを発信できるということから、自分の意見を通すことができます。

そのため、チャンスに飛び込める幅が広がると思っています。

また、日本の市場だけに焦点を当てたとしても、英語ができる人材というのは非常に重宝されている認識があります。

今後は日本市場が飽和し、世界に出ていくことを予想した上でも英語力が高ければ高いほどいいと思っています。

3.人との関わり

向こうに在住する方々と関係を築くことによって、自分がアクセスできる世界が増えると思っています。
なぜなら、今取れない動向であったり情報というものを身近にすることができるからです。

今は見えない世界であっても、自分が飛び込んで直接触れ、友人を現地に作ることで

それが一次情報になると考えているからです。

毎日ニュースが流れています。

たくさんの人たちが亡くなってしまっていたり様々な事件がおこっています。

しかし、それを感じにくい瞬間が多いです。

それはなぜかというと自分が当事者ではないからだと思っています。

そのニュースが、もし自分たちの身近におこったりしてしまったら、もう立ち直れないんじゃないかくらい思うのですが、

だからこそ、当事者になることによってその情報を全て自分事として世界に接していきたいです。

また、向こうの人たちや向こうにいる日本人の方々と価値観を共有することによって

自分の視野が格段に広がると感じています。

先日、未来起業家交流会のインタビュー活動のフィードバックをいただいたのですが、
社会人と学生の視座って歴然とした差があって、まだまだ自分の視野って狭いなと感じました。

だからこそ、今のうちから見られるだけ社会を見て学び、それと同時に学生中にできないこととかを行い、自己研鑽をします。

それとほぼ同義であって、視座が低いからこそ、そういった知識人の方々とお会いし、お話することによって自分の経験として身につけていきたいと思っています。

結局はどれだけ動いて、それだけ情報や価値観を取り入れられるのか、どれだけ知れるのか、それらが人生をよりよくするものなのではないかなと思っています。

以上のことから、僕は行ってからというもの、自分が得たいことに貪欲に行きたいと思っています。

[ついーと]
あと6日で渡米になってしまいました。。

寂しい病にかかっています。